天章堂二代目 藤原秀春
 
初志貫徹、時間の許す限りじっくりと...
 
最近は時代の流れもあり「低価格」や「速さ」のみが重視された、いわゆる「100%コンピュータ彫刻」の激安店がインターネットの世界を中心に多く存在しているようです。このような印章店はPCで入力したフォントをそのまま彫刻をする方法で製造していますが、同型印ができてしまうセキュリティー面はもちろん、字のバランスなどデザイン性の面からあまり品質の良いものではないと私どもは考えております。
 
近年、当店でも「急ぎ」のご注文が多くなっております。しかし、創業より今日まで守り続けてきた、「字入れをしてもその日は彫らず、翌日にもう一度じっくりと見る。時間の許す限り、吟味を重ね、一本一本を大切に仕上げ、なるべくお求めやすい価格でお客様にお届けする」という、姿勢を崩すことなく、今後とも日々精進して参ります。
 
私には、あの小さな、たった15mmの丸い印面が、宇宙のように果てしなく、広く大きく感じられます。その印面に、どのようにして、お客様にとって「一生に一つだけ」の印影を刻むか、その一点に心血を注いでおります。
 
「本当によい品」をお求めのお客様、是非とも一度ご相談ください。三代目の不肖の息子共々、出来うる限りお客様のご希望に添うことが出来るよう、じっくりとお話を伺わせていただきます。