個人用印章 書体についてのご説明
 

藤原流篆書は、印篆を小篆調・小篆風に独特の雰囲気の字形を取り、時には金文・古文等の字を用いたりして、文字の芸術性をより表現し、また篆刻を意識し、文字の形態に遊び心を入れたオリジナルの書体です。また『字法・章法・刻法』の三法の法則に基づき、刀の味『サビ』を加え彫刻致しております。


試行錯誤を重ね生み出した職人魂の結晶とも言える書体です。他の印章店では真似が出来ないものですので、偽造される可能性は100%ありません。少々価格は上がりますが、デザイン性・セキュリティー面からもおすすめの逸品です。

元来中国から伝わってきた印章。四千年近い歴史を持つ漢字の元である「甲骨文字(こうこつもじ)」から「金文(きんぶん)」「大篆(だいてん)」と派生し、そして「大篆」ではまだ字画が複雑で書くのには不便であったため、秦の始皇帝の命により「小篆(しょうてん)」が作成されました。その「小篆」が、印章では一般的に「篆書体」として用いられている書体です。 日本銀行発行のお札に押されている印鑑もこの書体です。実印をお求めのお客様のほとんどがこの書体をお選びになっております。

印相体は、篆書体から進化させた書体で八方篆書体(はっぽうてんしょたい)とも呼ばれ字が八方に広がっているようなカタチから「八方広がり=開運印相」としてもよく用いられております。ただ歴史的にはまだ浅く、戦後に普及された書体です。縁起が良いかどうか運が向いてくるかどうか、それはあなたの努力次第でしょう。

日本の古来から印章に使われている書体で「隷書(れいしょ)」から変化した書体です。「読みやすい印影のはんこを」という方にオススメしておりますが、出来合い印に最も使用されている書体のため、オーダーメイドでつくる、特に重要な「実印」などにはあまりオススメしておりません。



法人用印章 書体についてのご説明

丸印(役職2行)


丸印(役職3行)

角印

丸印(役職2行)


丸印(役職3行)

角印

丸印(役職2行)


丸印(役職3行)