藤原流篆書について
 
 

藤原流篆書

通常の篆書

 
篆書(てんしょ)は印章で使われる最も古い書体です。一般には、なじみがありませんがその形態の魅力は格別です。篆書(てんしょ)には甲骨文・金文等など原始的で、自由な古文があり、その後には格調と気品のある美しい小篆があり、印篆もあります。
 
一般的には、はんこ屋さんが彫刻する文字は印篆(いんてん)と言う篆書です。縦に長い小篆を印の丸形・正方形に収めるため、小篆の曲線部分や長く、はみ出す部分を直線・折線で表現したもので、有機的な形の小篆よりも角ばり、さらに整然と印象を受けるのが印篆(いんてん)。分かりやすく申しますと、タテ画・ヨコ画が直線的で四角っぽい文字、丸形・正方形の印面に字入れがしやすい、彫刻しやすいのが印篆ですので、多くの印章店が篆書(てんしょ)として使っています。
 
藤原流篆書は、印篆を小篆調・小篆風に独特の雰囲気の字形を取り、時には金文・古文等の字を用いたりして、文字の芸術性をより表現し、さらに篆刻を意識し、文字の形態に遊び心を入れたオリジナルの書体です。また『字法・章法・刻法』の三法の法則に基づき、刀の味『サビ』を加え彫刻致しております。クラシカルなデザイン性を追求した字入れと、レトロで味がある風合いを表現した彫刻方法は他ではなかなかお目にかかれません。この機会にぜひご検討ください。